ヘルプセンター

アカウントセキュリティ情報

最終更新: May 16, 2018 10:21PM EDT
近頃、アカウント乗っ取りが頻発しています。Epicセキュリティは皆様のアカウントの安全のため、こちらの記事で起こり得る事態やどうアカウントを守ればいいかの情報をご提供します。
 

共有パスワード
複数のサイトで同じパスワードを使うのはよくあることですが、この習慣は危険ですので避けていただきたいです。どこかのサイトが万が一乗っ取られた場合、そのサイトで使用されているメールアドレスやパスワードを使い、他のサイトでもあなたのアカウントに入り込まれる可能性があります。
 
現在以下のようなことが起きています。
ハッカーたちは外部サイトからパスワードダンプ(ユーザー名・パスワードの組み合わせのリスト)をダウンロードして、そのような個人情報をシェアするサイトを使い、入手した個人情報を他にどんなサイトで使えるか探ります。別のアカウントのログインに成功した際は様々な問題を起こしています。不正・許可されていないV-Bucksの購入多くの場合これらと繋がっております。
 

フォートナイト詐欺 
無料V-Bucksやアカウント売買・共有をご提供を謳ったサイトで多くのアカウント乗っ取り・詐欺が発生しています。Epicアカウントの情報を決して誰とも共有しないでください。Epic Gamesはメール・ソーシャルメディア・Epic Gamesに関連のないサイト等を通してパスワードを尋ねることは決してありません。これらの手口でフォートナイトの特別オファーを提供するサイトは詐欺サイトです。
 

どうしたら危険を察知できますか? 
Have I Been Pwned)という素晴らしいサイトがあります。こちらでは皆様のメールアドレスを検索し、どこかでデータの侵害がないか確認します。もしされている場合は、そのサービスに関連したパスワードは全て公に出ていることを仮定して(Epicアカウントだけでなく)そのパスワードを使用している全てのアカウントのパスワードを変更してください。
 
仮にアカウント情報が漏洩されていなくても、将来的にされる可能性は十分にあります。そこであなたのアカウントを守るための方法もあります。(Have I Been Pwned)の通知センターに登録してメールアドレスがパスワードダンプに使用されたら即座にお知らせが届くようにできます。


皆様を守るためにEpic Gamesが取り組んでいること
Epic Gamesではアカウント情報がインターネット上で漏洩されたと思われる際に、パスワードリセットを積極的に行えるようにパスワードダンプを徹底的に探っております。これにはものすごい労力が必要になりますが、多くのアカウントハック案件をこの方法で防いでいると信じています。しかしながらこの方法でもパスワードダンプに含まれている全てのアカウントを探し当てることはできません。また、ある特定のパスワードダンプを調査した後にあなたのEpicアカウントが作成された可能性もあります。

以上の理由から、我々はアカウントデータベースのメールアドレスを自動的にパスワードダンプと照合するシステム開発を進めております。影響されている全てのアカウントを認識しパスワードリセットを行います。更なるセキュリティ対策として多段階認証もできるようにいたしました。多段階認証の有効化の手順はこちらをご覧ください。
 

唯一無二のパスワード 
不正入手された個人情報の共有サイトからアカウントを守るために、自分にしかわからない独特なパスワードを使うことをおすすめします。全てのアカウントでそれぞれ違うパスワードを使うことで一つのアカウント乗っ取りが全てのアカウント乗っ取りに繋がることを防ぐことができます。
 
多数のパスワードを覚えておくことはとても大変であることは理解しています。なので是非パスワード管理ツールをお試しください。パスワード管理ツールを使うことで、パスワード管理ツールのパスワードを覚えていくだけで多種多様なパスワードを使うことができます。
 

更なるセキュリティ向上のためにソーシャルメディアとアカウントを連携する 
最近EpicアカウントシステムにFacebookとGoogleのログインも対応しました。これにはいくつか利点があります。
 
まず、ブラウザー上でFacebookかGoogleにログインされている状態であればEpicアカウントのパスワードを使用せずにログインができます。
 
また、間違ったパスワードを連続で入力した際にアカウントがロックされた場合のログイン方法としても使えます。FacebookやGoogleログインによって加えられるセキュリティ対策のおかげでEpicアカウントに普段使わなくていいより複雑なパスワードを設定し普段はFacebookやGoogleからログインすることができます。
 

アンチウィルスソフトのインストールと更新 
アンチウィルスやアンチマルウェア製品は全ての問題を解決してくれませんが、あなたのパソコンを多くの脅威から守ってくれます。Epic Gamesはある特定の製品を支持していませんがアンチウイルスソフトを導入することを強くおすすめします。パソコンから不要なソフトウェアを排除することによって、あなたのアカウントが乗っ取られる可能性を最小限に抑えることができます。

 
パソコンを常に更新する
パソコンにダウンロードされているソフトウェア・ドライバー・OSは常に最新の物に更新するべきです。古いドライバーやソフトウェアによる小さな不具合はパソコンの処理能力やゲームの安定性に関わりますが、セキュリティに関する更新を怠るとあなたのパソコンを脅威にさらすことになり得ます。Epic Gamesは常に最新のソフトウェア・OS版に更新することをお勧めします。
 

共用パソコンを信用しないこと 
共用パソコン(ネットカフェ・図書館・ご友人の家等)からログインする行為は更なる危険性が伴います。信用できる人のパソコンでのみログインしてください。共用パソコンはセキュリティ面の安全性が全くわからない上にログインするだけでアカウント情報が盗まれる可能性があります。

過去に信用できないパソコンを利用したことある場合、乗っ取りの可能性を防ぐためにパスワードの変更をおすすめします。普段から共用パソコンでプレイしている場合はEpicアカウントでのみ使用する特別なパスワードを使用してください。これに加え毎度Epic Gamesランチャーからログアウトすることを忘れないでください。
 

可能な場合は多段階認証を有効にする 
皆様のアカウントの更なるセキュリティ対策として二段階サインインを追加しました。二段階サインインを有効化した場合、ログインの際に毎度ご登録のメールアドレスにコードが送られます。送られてきたコードを入力しますとログインすることができます。二段階サインインコードは有効化後に初めてアクセスするデバイス・ブラウザーのクッキーの消去・前回のログインから30日以上経過の際に求められます。
 
二段階サインインを有効化するためにはアカウント情報ページへ行きパスワード&セキュリティのタブをクリックしてください。ページの下までスクロールし「二段階サインインの有効化」のボタンをクリックしてください。
 
この機能を有効化できる前にメールアドレスを認証する必要がありますのでご注意ください。
 

アカウントは共有しないでください
ごれ稀にあるクエストやチャレンジ達成等のためにご友人や家族に助けを求めたいときがあるかもしれませんが、アカウント情報の共有をしないことを強くおすすめします。アカウント上で行われた行為は全て持ち主の責任になります。万が一誰かがあなたのアカウントで不正行為等を行いバンされた場合もアカウントの持ち主としてあなたの責任になります。
 

アカウントのご購入はお控えください
ゲームに飽きて辞めたいときにゲームにつぎ込んだ金銭の代わりに何か欲しいという人がたまにいます。その結果自分のアカウントをインターネット上で販売することがあります。ある特定のスキンなどに惹かれてご購入されたい気持ちは分かりますがどうかお控えください。アカウントの作成者としてアカウントを取り戻す際に必要な情報(ご購入歴・住所変更歴等)を持っている可能性があります。これらを提示し我々のプレイヤーサポートを通してアカウントを取り戻すこともできます。
 

無料V-Bucksなんてもの存在しません! 
我々も見たことありますよ。こちらをクリック、ユーザー名を入力してアンケートの一つや二つに答えた後に好きなだけV-Bucksをもらえる!詐欺です。この類のサイトは全てあなたのアカウント情報(そしてあわよくばアカウントを乗っ取り、勝手にものを購入すること)が目当て、もしくはアフィリエイト広告による収入を得ることです。どんな事情があってもこれらのサイトはV-Bucksを付与する権限は持っていません。我々の法務チームは常にこの類のサイトを探っております。
 
過去にこういうサイトを試されたことある場合はできるだけ早くパスワードを変更することをお勧めします。
 

メールアドレスの認証 
現在任意ではありますがEpicアカウントにご登録のメールアドレスの認証をすることをお勧めします。認証することによって多段階認証を設定した際にアカウントを守るために役立ちます。あなたのアカウントに異様な活動が察知された場合にもプレイヤーサポートからあなたに連絡することができるようになります。

お問い合わせ

0b4c5e725dabfd13129a608f44c26b1f@epicgames.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/ja/portal/articles/autocomplete